風俗産業の市場

あなたは、風俗で働くならばどの職種にしたいですか。風俗で働きたいのであれば、やっぱり職種選びはとても大切です。また職種によって、稼ぎも変わればプレイも変わります。その分体力や精神的な面での満足度やストレスも変わってくるのです。ですので、仕事を続けるためにも、稼ぐためにも職種選びも重要です。

そもそも風俗の職種とは

風俗にもいろいろな職種があります。ソープランドとデリヘルと別れます。
やはり風俗の王道といえばソープランドでしょう。
ソープランドでは本番(挿入行為)が認められています。ローションを全身に塗ってのサービスを受けられたり、ベッドでのプレイをすることができます。本番行為があるということで、基本的な料金は他の職種よりも高めとなっています。
デリヘルだと、普通のデリヘルの他にもポッチャリ専門のデリヘルやSMのデリヘルがあります。最近だと値段の安い大衆店の他にも高級デリヘルが登場しています。あまり景気がよくないのにとも思うかもしれませんが、東京のような大都市だと70分くらいのデリヘルで5~6万円近くとなることも珍しくはありません。地方へいくとそこまではいきませんが、同じ時間でも大衆店の1.5倍~2倍近くの値段となり、やはりお高めとなっています。
またトクヨクもあります。これはソープランドのようにお店はありますが、そこでは本番はなく、デリヘルのようなプレイをするというものです。
そして、デリヘルに似ているものとして、回春マッサージやエステが登場しました。これは男性をマッサージしていき、最終的には男性器もマッサージという形で射精へと導きます。おさわりは無かったり、デリヘルのような女性を責めるオプションはなかったりと、ちょっとプレイ内容も変わってきます。

こうした風俗の市場とは

こうした風俗ですが、その市場は、5兆円ともいわれています。他の市場よりも高くもなっています。出版市場だと、約2兆円ですし、モバイル関連だと1.5兆円、ゲーム市場が0.5兆円などとなっています。たかが風俗と思っていたら、実は他の市場の何倍にもなっているというメガ市場だったのです。
その風俗の市場ですが、約半分を越えるのはデリヘルです。2.4~2.6兆円ちかくとなっています。残りをソープやキャバクラやイメクラなどでわけあっています。これらの金額を見るといかに、風俗が大市場であるか、また男性がそれだけ多く利用しているかがわかります。
jmliukuyf
こうしている間にも新しいお店がオープンして、風俗求人を出し、さらに新しい風俗嬢が誕生しているのです。
そんな風俗のお店も全国には、風俗の営業届け出でみれば1万8000件を越えているとも言われています。しかし、営業していないお店もあるので、1万3千~1万4千ではないかと言われています。しかし、最近では無届けでネットでの演者交際を狙った悪質な業者(男性には業者であることは隠す)も登場しており、それを含めるとさらに増えてくることになるでしょう。
そんな風俗のお店に働く女性はというと約30万人とも言われています。今では若い女性だけでなく、主婦や熟女など年齢層も幅広くなりました。それだけ女性も風俗への関心も高まり、また風俗への抵抗やハードルが下がったと言うことになるのでしょう。これらの女性もやはりソープランドよりはデリヘルやトクヨクなどの職種に大半は、入っています。
ソープランドだと、やはり年齢や容姿でのチェックも厳しくなり勝ちです。それに比べるとデリヘルのほうが入りやすく、また稼ぎは少なくても働きやすいと評判のようです。

最後に

風俗市場をみると、その数値に驚かされるばかりです。確かに地元の風俗を見れば、改めて風俗が身近にあることを実感するのではないでしょうか。
おすすめサイト⇒風俗の求人【東京都渋谷区】http://www.kosyunyu.com/tokyo/shibuya/

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報